インテリアは、フローリング材によって雰囲気が大きく変わってきます。しかし、その種類によって性能や手入れ方法も違ってきます。せっかくの注文住宅だからこそ、しっかりとフローリングの素材もこだわって決めたいものです。

無垢フローリングの特徴

無垢フローリングとは、一枚の天然の木材だけでできたフローリングのことを言います。素材も様々なものがあり、その素材によって色合いや香り、そして堅さや収縮の程度などもバラバラです。その為、その空間に適した素材であるかしっかりと見極める必要があります。

無垢フローリングのメリット

無垢フローリングの魅力は、何と言っても肌触りの良さです。木材の中には木が水分や栄養を吸い上げるために発達した導管があり、乾燥させることで空気層となります。空気層があることで程よい硬さになり、心地よ…

無垢フローリングのデメリット

無垢フローリングとは、天然の木をそのまま使用するフローリングのことです。何枚かのベニヤ板を貼り合わせた合板フローリングとは違い、木そのものの良さを感じることができるので支持をする方も多くいます。で…

無垢フローリングのお手入れ方法

無垢フローリングの浸透系塗装では、基本的に水拭きをすることはできません。ウェットタイプのモップやシート・水蒸気式クリーナーも使用禁止です。水分による白濁や薬品での変色を起こす可能性があります。浸透…

注文住宅はこだわりたい方に特におすすめ

注文住宅は、デザインや間取りを自分仕様に決めることが出来ます。そのため、分譲住宅よりも満足感は高くなるでしょう。

複合フローリングの特徴

複合フローリングとは、合板や集成材などでできた基材の表面に、単板や化粧シートなどを張り合わせたものを言います。単板の場合は、0.3ミリから1ミリ程度のものが多いです。化粧シート張りの場合は、木目の他には石目模様のタイプなどもあり、バリエーションがたくさんあります。

複合フローリングのお手入れ方法

表面の汚れを取り除いておく

複合フローリングは表面をUV塗装やフッ素加工などで仕上げているのが特徴です。素材によってはワックスがけが必要ないケースもあります。日頃のお手入れとしては、雑巾がけや掃除機でゴミやほこりを取り除いておくことが大事です。モップや雑巾を使えば水拭きだけでもほとんどの汚れは落ちます。水拭きで落ちない汚れにはフローリング用の中性洗剤を使うのが効果的です。洗剤をモップや雑巾に含ませ、固く絞ってから拭き掃除を行いましょう。最後に綺麗な水でモップや雑巾をすすいで、洗剤が床に残らないよう二度拭きしておきます。後は表面が乾くまでそのまま乾燥させておけば大丈夫です。つなぎ目は乾燥に時間がかかるので注意しておきましょう。

ワックスがけのポイント

複合フローリングにワックスがけを行うときは下処理が必要です。ワックスの上から塗る場合は、事前に表面の汚れを落としておかないとムラが出やすくなってしまいます。洗剤を使って汚れを落とし、しっかり乾燥させてからワックスを塗っていきましょう。ワックスを剥がしてから塗る場合は、フローリング用の剥離剤を用意しなければなりません。掃除機で表面のゴミやほこりを取り除いてから、ハケやスポンジで塗り広げていきましょう。ワックスが溶けて浮いてきたらスポンジでこすって剥がしていきます。雑巾で古いワックスを拭き取り、表面が乾いたら新しいワックスを塗りましょう。薄めに2、3回塗り重ねていくと表面も綺麗に仕上げやすくなります。